第1回:ジーンズ1本縫うのにミシンはいくらする?

ミシンのお話。


ミシンといえば
昔は嫁入り道具の必須アイテムでしたが、最近は家庭科の授業以来、触ったこともないという方も少なくないのではないでしょうか。

ミシンは大きく分けて、家庭用・職業用・工業用に分かれています。

家庭用は一台で直線縫いからジグザグ・ボタンホールなど、1台あれば洋服が縫えるように、色々な機能がついています。
安いもので数万円〜刺繍もできるような最高級品なら30万円くらいでしょうか。

職業用はお直し屋さんなどのセミプロ向けで、基本的に直線縫いしかできませんが、縫い目がきれいで、毎日の使用に耐える頑丈さがあります。
だいたい15万円くらい。

工業用は完全にプロ向けで、
1つの縫い方しかできませんが、その代わりに、その縫い方を極限まで追求しています。
オイルが焼けて煙が出るくらいフルスピードで縫い続けても糸調子が狂いませんし、とにかく頑丈です。

また、核心部分はわざと電子化されていないので、修理しやすいのも特徴です。
家庭用や職業用とは姿形は似ていても、中身は完全な別物です。

一芸必殺の工業用ミシンですが、これらは一体おいくらくらいすると思いますか?

 

つまり、ジーンズ1本縫うのに必要なミシンのお値段。

縫い子さんが10人しかしない工場だから、ミシンも10台・・・・なんてことはなく、ジーンズという特殊アイテムを縫うには、

どんなに少人数の工場でも最低限のこれだけの種類を揃えないと、売り物になりません。

(専門用語が出てきますが、スルーして下さい。)


・1本針の本縫い・・・40万円
・2本針の本縫い・・・・80万
・巻き縫い・・・・60万
・オーバーロック・・・・40万
・インターロック・・・70万
・バータック・・・40万
・ベルト付け・・・100万
・スソ縫い・・・80万

・腕2本環縫い・・・80万
・ループ縫い・・・50万
・ループ付け・・・180万
・コンピューター模様縫い・・・200万
・ボタンホール・・・220万
・アイロン(ボイラー込)・・・50万
・エアーコンプレッサー・・・30万

 

ざっと1320万円です。

ボタンホールなんて、ボタンホール以外何もできない上に、ジーンズ1本に1つしかあけないのに220万もします。

全部1台づつ揃えて1320万ですが、本縫いとかは1台じゃ足りませんし、裁断機もありますから、実際はもっとします。

ちなみに、宮城県のサキュウ専用工場では、工員さんは10人以下なのに30台のミシンが稼働しています。
工場では工員さんが札束の中(ミシン)で作っていることになります。

ちょっとびっくりでしょう。

さらに、洗い加工はもっとすごくて、ワッシャーやら乾燥機やらボイラーやら浄水設備やら、いちいち大規模だし、ボイラーの
油だけで毎日数100リッター燃やしますから、ランニングコストも莫大で、値段を知るとそらもう目まいがします。

ジーンズはブランドや価格に関係なく、何千万円分もの設備と何百人もの人力を使って、ようやく売り物にふさわしいものになるのです。


これを知ると、「工賃まけて〜」なんて言えませんが、言います。

仕事ですから。

 

たまにテレビで、焼き鳥に串を刺すだけの機械を見ますが、あんなのもウン百万するんでしょうね。

どんなものでも工業用は高いものですが、皆さんご存知のジーンズも、同じということでございます。