第11回コラム

アパレルOEMのお話

値段も心も底が抜けました。

私どもの祖業のアパレルOEMですが、現在は既存のわすかなお取引先だけに限らせて頂き、ご新規様は基本的にお断りしております。

その理由を結論から言いますと、OEMは全く儲からなくなってしまったからです。

 

 

原因は、年々倍々の勢いで新規参入が増えて、価格競争の底が抜けたことです。

 

現在のOEM業界は、大口の下請けだけでは食えなくなった縫製工場・加工工場・生地屋、倒産やリストラにあったアパレル出身者、商社出身者などなど。市場規模を遥かに超える数の業者が乱立しています。

 

新参組は取引先開拓のためにライバルよりも安い値段で納入しますが、次の新参者がまたその下をくぐるのくりかえし。

最近では「ちゃんとコスト計算してるのか?」と思えるほどの値段が当たり前になって、利益度外視で注文を奪い合う無限ループに突入しています。

 

ここ最近、かつて数十億円の売上を誇った老舗のOEM会社がバタバタと倒産・廃業しています。

注文を受ければ受けるほど、作れば作るほど赤字だったのでしょうし、実際当社もそうなっていました。

 

当社のOEM部門も、熾烈な受注合戦を勝ち抜くため、営業マンがとってきた注文は全てが赤字でした。

見積り上では利益をとれていたものの、不良品や資材の残りなどのチリツモの「ロス」が膨大に発生していたのです。

 

例えば、100人分のチャーハンを作る食材を調達するとき、一般消費者と違って、私たちはメーカーから業版単位で買う必要があります。

コメは50kg・豚肉は20kg・卵は500ケ・油20Lという具合です。

100人分のチャーハンを作った後には、肉が10kg、油が19L、卵が400ケ余りますが、食材であれば他の料理にも転用できます。

しかし、ものが洋服だと、全く転用できません。

洋服を100枚納品した後に、生地が20m、ボタン300ケ、リベット1000ケ、ポケット地が40m・・・全部パーというった具合。

このような資材が半端ない金額になり、得られる利益を全て食っていました。

 

さすがに目に余るので、営業マンを諭しましたが、こちらがどう説明しても、「自分はしっかり利益を出して会社に貢献している」と信じて疑いません。

最終的には「これだけ会社に貢献してるんだから、給料を上げてくれないとスタッフと取引先と同業他社に移籍しますよ」と自信満々で脅してきました。

最初は「え!」と思ったものの、よくよく考えると、赤字を丸ごと引き受けてくれる奇特な同業者がいるという事なので、「一刻も早くそうして下さい」と、スタッフ3人引き連れてさっさと移籍してもらいました。

 

この営業マンは、業界で20年以上経験を積んだ人間だったのですが、競争相手が捨て身の特攻隊ばかりですから、異常な世界に身を置いていると感覚が麻痺してしまって、社会人としての常識がすっ飛んでしまったのでしょう。

彼が移籍先でどうなったかは知りませんし、興味もないです。

 

 

というわけで、現在のOEM事業は、専任を置かずに細々とOEMを続けているので、ご紹介以外のご新規様はお引き受けできなくなっております。

 

 

OEM業界では、先の燃料が尽きた方から墜落するような命がけのフライトが今日も進行中です。