第3回コラム

国産ジーンズ誕生記 その2

< 運命の1963年 >

 

外需から内需へ

 

来たる1963年(昭和38年)発効の繊維製品の輸入自由化と日米綿製品協定に向けて、日本のアパレル業界は対米輸出一辺倒の外需頼みから、国内向けの内需への構造改革が急務になります。

 

タイミングのいいことに、その頃の日本は、戦後復興から高度成長期に入りつつありました。

生活必需品だけでなく、新幹線が開業し、団地に車にカラーテレビ、音楽・娯楽・旅行・舶来品など、物欲を刺激する目新しいモノが続々と発売されます。

多少ながらも豊かになった人々は、旅行や買い物を楽しむゆとりができ、経済成長による所得上昇とインフレが到来し、内需が急拡大してゆきます。

 

ファッションもまた、そうした人々の興味を集めた分野です。

服は着られれば何でもいいものから、自己表現のツールに変化し、それまでオーダーメード(仕立屋であつらえるか自分で作る)が当たり前だったものが、安価なレディメード(既製品)が流通し始めて、流行のアイテムを手軽に買えるようになりました。

 

 

国産ジーンズを作ろう

 

既製品を販売するショップが増えるに従って、ブランドも雨後の竹の子のように増殖してゆきますが、それでも新品のジーンズは長らく輸入品頼りでした。

なぜ国産化できなかったというと、デニム生地が入手困難だったのです。

デニムは簡単な織物ですが、デニムほどぶ厚い生地を織れる設備がなかったのと、インディゴ染めを大量生産できる染色機がありませんでした。

日本には古来から「カセ染め」という手法の本藍染めの糸はありましたが、ほぼ手作りなので高額で大量生産に向きません。

安く大量生産するには「ロープ染色」という方法で、合成インディゴで染めますが、ロープ染色機がまだ日本にはありませんでした。

生地を輸入しようにも、輸入は外貨規制で厳しく制限されていました。

 

ちなみに、1960年前後の新品の輸入ジーンズの値段はというと、仮に現地で5ドルのジーンズでも、関税やら運送費やらで15ドル前後(1ドル360円だと5,400円くらい)のプライスタグだっただろうと推測されます。

安く感じますが、この頃のサラリーマンの平均月給はたったの2万円ですから、月収の1/4以上(今の感覚だと6万円くらい)もする新品ジーンズなど、普通の日本人にはとても買えた値段じゃありませんでした。

 

ただし、ジーンズそのものは、戦後の闇市の時代から米軍払い下げの履き古された淡いブルーの古着が「Gパン」(G.I.(=米軍)パンツ)の名で安く流通していたので、すでに日本人にはなじみのアイテムでしたが、そういう事情でパリッと糊が効いた濃紺の新品ジーンズを見たこともない人がほとんどでした。

 

既製品が急速に拡大する中、来たるべき1963年の繊維製品輸入自由化に合わせて、アメリカからデニム生地を輸入して日本で縫って、誰もが買える値段で新品のジーンズを売り出そうと画策するビジネスマンが現れます。

 

その中の一人が、アメリカからジーンズや古着を輸入販売していた、大石貿易の創業者、大石哲夫でした。

 

 

(その3に続く)